CUBASEで、作曲中に使うと便利な「ショートカットキー」作業効率アップ!DTM初心者の方向け

こんにちは。DTMで日々作曲をしている、作曲家・サウンドクリエイターのGTMです。

前回の記事では、ミックス作業中に使うショートカットキーについて書きました。

今回は、「DTM初心者の方向けに、CUBASEで作曲するときに使うと便利なショートカットキー」について、書きます。

この記事では、CUBASEのマニュアルにも記載されている、基本的なショートカットキーを、ざっくりまとめます。

また、筆者が日々CUBASEで作曲しながら、実際に使っている、ちょっと工夫したショートカットキーの使い方も、あわせて書きます。

ちなみに筆者は、DTM、CUBASE歴は6年。完全独学ではなく、DTMの先生から約3年間習った経験があります。現在も毎日CUBASEで作曲しています。

この記事は、DTM初心者の皆さまがお読みになれるように、なるべくわかりやすく書きます。

目次

はじめに:ショートカットキーを使うとメリットがたくさんある

ショートカットキーを使うことの重要性

前回の記事でもご紹介したように、ショートカットキーは、作業効率を高めるために、とても重要です。

作業効率が高まることで、パッと思いついた作曲のアイデアを、すぐに形にできます。また、曲をたくさん作ることもできます。

その結果、良い作品を生み出すことにつながるため、自分も、曲を聞いてくれる人も、楽しい気持ちにすることができると思います。

ショートカットキーを使うまでの、筆者のDTM体験談

筆者はDTMを習い始めたばかりの頃、曲を作るだけで頭がいっぱいになり、ショートカットキーを使うまでのところに、なかなか到達しませんでした。

少し余裕が出てきた頃、DTMの先生に教わったり、本で勉強したりしながら、徐々に使えるショートカットキーを増やしていきました。すると作業が効率的になったため、DTMが楽しいものに思えてきました。自分が思うようにDTMを操作できるようになったことで、少し自信もつきました。

まだDTMをはじめたばかりの皆さまも、最初は大変かも知れませんが、少しずつでもショートカットキーを使って覚えていくと、さらにDTMを楽しめるのではないかと思います。

では、ご紹介していきます。

トラックを作成するときに使うと便利なショートカットキー

  • ショートカットキーを作成する :「インストゥルメントトラックを追加」
  • ショートカットキーを作成する :「MIDIトラックを挿入」

「インストゥルメントトラックを追加」のショートカットキーを作成する手順

「インストゥルメントトラックを追加
「ファイル」→「キーボードショートカット」と選択すると、
ショートカットキーを作成する画面が開く
「トラックを追加」→「インストゥルメント」を選択し、
「キーを入力」欄に、設定したいキーを入力する→「適用」→「OK」

「インストゥルメントトラックを追加」は、トラックをひとつ作るたびに開きます。かなりひんぱんに使う操作なので、ショートカットキーを作っておくと、とても効率が良くなります。

ちなみに筆者は「Shift+I」に設定しています。

ショートカットキーを作成する手順は、前回の記事に詳しく書いています。

実際に曲作りに使いながら、あなたが一番使いやすいと感じるキーに設定すると良いと思います。

「MIDIトラックを挿入」ショートカットキーを作成する手順

「MIDIトラックを挿入」
「トラックを追加」→「MIDI」を選択し、
「キーを入力」欄に、設定したいキーを入力する→「適用」→「OK」

「MIDIトラックを挿入」は、KONTAKTやTRILIAN,OMNISPHEREなどの、ソフト音源を使うときに、ひんぱんに使う操作です。これも、ショートカットキーを作っておくと、作業が速くなります。

ちなみに筆者は「Shift+T」に設定しています。

ピアノロール画面で打ち込むときに使うと便利なショートカットキー

  • H:横方向の拡大表示
  • G:横方向の縮小表示
  • Shift+F:全体を表示させる

H:横方向の拡大表示、G:縮小表示

H:横方向の拡大表示
G:横方向の縮小表示

全体のトラックが表示される画面や、ミックスコンソールの画面でも、H:拡大 G:縮小 のショートカットキーが使えます。

Shift+F:全体を表示させる

ピアノロール画面で、Shift+Fを押す前
Shift+Fを押した後
トラックの画面でShift+Fを押す前
Shift+Fを押した後

このように、ピアノロール画面でも、全体のトラックが表示される画面でも、Shift+Fを押すことにより、全体が見えるようになります。

「曲の最初から最後までを見る」、「細部を見る」という風に、作曲中に、視点を変えて見ていくことが大切です。その時、このG、H、Shift+F、という3つのショートカットキーが、とても役に立ちます。

  • Ctrl+A:すべて選択
  • Q:クオンタイズ
  • 自分で作成したショートカットキー:MIDIイベントの長さをクオンタイズ
  • 自分で作成したショートカットキー:設定したベロシティーに変更
  • 範囲を選択した後、Ctrl+D:イベントの複製

ピアノロール画面で鍵盤での打ち込みが終わった直後、

Ctrl+Aで全てを選択→Qでクオンタイズ→長さをクオンタイズショートカットキー→設定したベロシティーに変更ショートカットキー

という流れで、素早く打ち込んだ音を整えると作業が速いです。

以下に、この流れに沿って順に、画像でご紹介していきます。

Ctrl+A:すべて選択

Ctrl+A:すべて選択

Q:クオンタイズ

クオンタイズ前
Q:クオンタイズ

このように、MIDI鍵盤で打ち込んだときの、拍頭のズレを、キー一発で修正することができます。

自分で作成したショートカットキー:MIDIイベントの長さをクオンタイズ

長さをクオンタイズ前
自分で作成したショートカットキー:長さをクオンタイズ

MIDI鍵盤で打ち込んだときの、それぞれの音の長さを、拍に合わせることができます。このように、打ち込んだ直後に、ショートカットキーを使って、すぐに修正していくことで、全体の作業効率が上がります。

自分で作成したショートカットキー:設定したベロシティーに変更

設定したベロシティーに変更前
自分で作成したショートカットキー:設定したベロシティーに変更

ベロシティーを一定にする必要のあるトラックは、打ち込んだらすぐに、ショートカットキーで修正すると、作業が早いです。

範囲を選択した後、Ctrl+D:イベントの複製

コピーしたい音を選択する
Ctrl+D:イベントの複製

 コピーも、作曲中によく使うので、覚えるととても役に立つショートカットキーです。

  • Ctrl+Z:元に戻す
  • Ctrl+Shift+Z:再実行
  • 左右矢印キー:イベントを選択
  • 上下矢印キー:選択した後、上下矢印キーを押すと、MIDIノートが移動する。音程が移動できる。
  • Ctrl+左右矢印キー(Macは、command+左右矢印キー):MIDIノートを選択した状態で押すと、ノートの位置を左右に移動できる

左右矢印キー:イベントを選択

上下矢印キー:選択した後、上下矢印キーを押すと、MIDIノートが移動する。音程が移動できる。

上下矢印キーで、音程を移動させることができます。

Ctrl+左右矢印キー(Macは、command+左右矢印キー):MIDIノートを選択した状態で押すと、ノートの位置を左右に移動できる

Ctrl+右矢印キーを押した後

Ctrl+左右矢印キーで、音を左右に移動させることができます。打ち込んだ後に、修正するときに使うと便利です。

  • C:クリック音のオンオフ
  • テンキーのアスタリスク(*)キー:録音開始

作曲中に、クリック音を出したい場合には、Cを押せば、オンオフが簡単に切り替えられます。

MIDI鍵盤で打ち込むときや、楽器の演奏を録音するときは、テンキーのアスタリスクキー*を押すと、キー一発ですぐに録音が始められます。

基本のショートカットキー

  • F2:トランスポートの表示
  • F3:ミックスコンソールの表示(全トラックのフェーダーが表示される画面)の開閉
F2:トランスポートの表示と非表示が切り替えられる
F3:ミックスコンソールの表示と非表示が切り替えられる
  • Shift+S:上書き保存
  •  Ctrl+クリック(Macは、command+クリック):フェーダーやパンの位置をゼロに戻す

作曲中に、 機材トラブルや停電が起こることもあるので、Shift+S:上書き保存でこまめにセーブすることが大切です。

Ctrl+クリック(Macは、command+クリック)でフェーダーやパンの位置をゼロに戻すという操作も、覚えておくと便利です。

再生に関するショートカットキー、ツールの選択に関するショートカットキーは、前回の記事をご参照ください。

さいごに:おすすめしたいこと

ショートカットキー一覧を見ると効率が良い

前回の記事でもご紹介しましたが、あらかじめ設定されているショートカットキーの一覧は、CUBASEの電子マニュアルに書かれています。

また、「ファイルメニュー」から、「キーボードショートカット」→「編集」で、見ることもできます。

 時間の余裕のある時に、一度全部の項目に目を通しておくと、良いと思います。

ショートカットキーの覚え方

ショートカットキーを使い慣れるまで、メモ書きして、作曲中に見えるところに置いておくのもおすすめです。そうすると、自然に覚えることができます。

ショートカットキーに慣れないうちは、ショートカットキーを使う方が時間がかかるような気がすることもあります。しかし、時間がかかっても頑張ってショートカットキーを使うように心がけると、結果的には、作業スピードが速くなっていきます。

まだ、ここでご紹介しきれていないショートカットキーはたくさんあります。是非、マニュアルを見たり、調べたり、CUBASEを使いながら探したりして、いろんなショートカットキーを、使い試してみてください。きっと、DTMがもっと楽しいものになると思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

筆者GTMは、作曲した作品を、オーディオストックにて販売しております。CMや動画、劇伴などに使える高品質のBGMを提供しています。よろしければご試聴いただき、お楽しみください。また、皆さまの豊かな生活に、お役立ていただけましたら幸いです。

オーディオストックではたくさんのクリエイターが良い作品をたくさん提供しておりますので、是非ご試聴いただき、皆さまの豊かな生活にご活用ください。

AudiostockでBGM・効果音を販売中!

ショートカットキーについての前回の記事も、ご興味がございましたらご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

GTM GTM 作曲家・サウンドクリエイター

DTMで日々作曲をしています。新しい音楽で、明るい世界と、一つでも多くの笑顔を作ります。

目次
閉じる