CUBASEで、ミックス作業中に使うと便利な「ショートカットキー」。作業効率アップ、ひらめきを逃さない!DTM初心者の方向け

こんにちは。DTMで日々作曲をしている、作曲家・サウンドクリエイターのGTMです。

今回は、DTM初心者の方向けに、CUBASEでミックス作業中に使うと便利なショートカットキーについて、書きます。

この記事では、

ミックス作業中に使うと便利な、CUBASEのマニュアルにも記載されている、基本的なショートカットキーを、ざっくりまとめます。

また、筆者が日々CUBASEで作曲しながら、実際に使っている、ちょっと工夫したショートカットキーの使い方も、あわせて書きます。

ちなみに筆者は、DTM、CUBASE歴は6年。完全独学ではなく、DTMの先生から約3年間習った経験があります。現在も毎日CUBASEで作曲しています。

この記事は、DTM初心者の皆さまもお読みになれるように、なるべくわかりやすく書きます。

目次

はじめに:なぜミックス作業でショートカットキーが大切なのか

ショートカットキーが大切な理由

  1. 作業効率をアップさせるため
  2. 創作アイデアを即座に形にするため

詳しく書きます。

①DTMで、自分なりに完成度の高い作品を作るためには、かなり多くの作業を積み重ねる必要があります。音を打ち込んだり、トラックを整理したり、何度も再生して音を確かめながら様々なエフェクトをかけたり、書き出したり…。

ショートカットキーを使うことによって、この膨大な作業時間を、短縮することができます。すると、短縮された時間ぶん、新たな工夫ができて、さらに曲の完成度を高めたり、たくさん曲を作れたり、というメリットがあります。

作曲は、アイデアが大切です。従って、一瞬のひらめきを逃さず、どんどんDAWを操作して、瞬時にアイデアを具現化していくことが、非常に大切なポイントになります。

では、さっそくショートカットキーをご紹介していこうと思います。

 CUBASEにあらかじめ設定されているショートカットキー

あらかじめ設定されているショートカットキーは、CUBASEの電子マニュアルでも、確認することができます。

「まだショートカットキーをあまり知らない」という方は、一度マニュアルに目を通しておくと便利です。

ヘルプ→電子マニュアル→オペレーションマニュアル
このように選択していくと、電子マニュアルを見ることができま
す。

CUBASEの攻略本もあり、そちらでもわかりやすく解説されています。

再生に関するショートカットキー

再生位置をすばやく設定し、何度も音を聞きながらEQ・コンプを挿すなどの処理をするときに、便利なショートカットキーです。

再生に関するショートカットキー

  1. Shift+L→数字を入力:再生開始位置を設定
  2. Shift+R→数字を入力:再生停止位置を設定
  3. テンキーの/(スラッシュ):ループ再生をオンオフさせる
  4. テンキーの 1:再生範囲の開始位置に再生のバーを移動させる
  5. テンキーの 2:再生範囲の終了位置に再生のバーを移動させる
  6. テンキーの 0:直前に再生開始した位置に再生のバーを移動させる
  7. Enter:再生開始
  8. スペースキー:再生と停止
  9. Shift+P→数字を入力:再生を始める位置を設定する。その後スペースキーで再生と停止を切り替えて使う。

Shift+L→数字を入力:再生開始位置を設定、Shift+R→数字を入力:再生停止位置を設定

Shift+L→数字を入力:再生開始位置を設定
Shift+R→数字を入力:再生停止位置を設定

テンキーの/(スラッシュ):ループ再生をオンオフさせる

テンキーの /(スラッシュ):ループ再生をオンオフさせる

テンキーの 1、2、0、Enterキー:再生のバーを移動させる

テンキーの 1:再生範囲の開始位置に再生のバーを移動させる
テンキーの 2:再生範囲の終了位置に再生のバーを移動させる


テンキーの 0:直前に再生開始した位置に再生のバーを移動させる
Enter:再生開始

スペースキー:再生と停止

スペースキー:再生
スペースキー:停止

Shift+P→数字を入力:再生を始める位置を設定する。その後スペースキーで再生と停止を切り替えて使う。

Shift+P→数字を入力:再生を始める位置を設定する。
その後スペースキーで再生と停止を切り替えて使う。

これらの基本的なショートカットキーを使うことで、ミックス作業が効率良くできます。はじめて使うときは、慣れていないため、かえって時間がかかる気がします。しかし、どんどん使って慣れていくと、この先ずっと使えるDTMのテクニックとして、自分の中に蓄積されていきます。

スナップの切り替えのショートカットキー

 J:スナップのオンオフ

 J:スナップのオンオフ

それぞれのイベントを、小節や拍単位で、移動させたいときは、スナップをオンにします。

反対に、小節や拍単位ではなく、微妙な位置に移動させたいときは、スナップをオフにします。

ツールの切り替えのショートカットキー

ツールの切り替えのショートカットキー

  • キーボードの1(テンキーではないほうの数字キー):選択
  • キーボードの2:範囲選択
  • キーボードの3:分割(はさみ)
  • キーボードの4:のり
  • キーボードの5:削除
  • キーボードの6:ズーム
  • キーボードの7:ミュート
  • キーボードの8:えんぴつ
マウスで右クリックすると、この一覧表を見ることができます。

これらのショートカットキーは、テンキーではなく、キーボードの数字の方のキーであることに注意してください。

ショートカットキーを作成する

ソフト音源の画面を開くショートカットキーを作成する

ソフト音源の画面を開くショートカットキーを、自分で作成する

このような
ソフト音源の画面を、いっきに開けるようにします。

作曲やミックス作業中は、何度もソフト音源の画面を開くことになるかと思います。そこで、キー一発で、ソフト音源の画面を開くためのショートカットキーを作成しておくと便利です。

ショートカットキーの作成方法は、以下に書きます。

※筆者が使用しているのはCUBASE7.5です。お持ちのCUBASEのバージョンによって、画面の中での配置が、多少異なるかも知れません。しかし、バージョンが異なっても、おそらく同じような方法で、できるかと思います。

ショートカットキーの作成方法

  1. 画面左上の「ファイル」→「キーボードショートカット」を開く
  2. 「キーを入力」で設定したいキーを入力する。割り当て:の欄に何か表示されていれば、すでに他のショートカットが割り当てられている。何も割り当てられていないキーを探して、入力すると良い。
  3. 「適用」をクリック→画面右下「OK」をクリックして決定する。

ここでは、「ソフト音源の画面を開くショートカットキーを作成する」手順を例に、ショートカットキーの作成方法を書いていきます。

画面左上の「ファイル」→「キーボードショートカット」を開く
「編集」→「VSTインストゥルメントの編集」→「キーを入力」で設定したいキーを入力する。
「割り当て」の欄に何か表示されていれば、すでに他のショートカットが割り当てられている。何も割り当てられていないキーを探して、入力すると良い。
「適用」をクリック→画面右下「OK」をクリックして決定する。

ちなみに筆者は、ショートカットキーが、ほとんどのアルファベットキーに対して、すでに設定されてしまっていました。そのため、残っていた「V」に割り当てました。

この「VSTインストゥルメントの編集」は、作曲中もミックス中も、とてもひんぱんに使用するので、ショートカットキーを設定すると、とても便利です。

「チャンネル設定」の画面を開くショートカットキーを作成する

「チャンネル設定」の画面から、インサート(EQやコンプ)を挿したり、パンを振ったり、センドされたリバーブのパンを設定したり、ボリュームを設定したり、周波数の動きを観察しながらEQを設定したり、といった、かなり多くの設定をすることができます。

「チャンネル設定」の画面

 そのため、「チャンネル設定」画面を、一発で呼び出せるショートカットキーを作成すると、かなり便利で、作業効率も良くなります。

チャンネル設定」の画面を呼び出すショートカットキーを作成する

ファイル→キーボードショートカット→編集→チャンネル設定の編集

ファイル→キーボードショートカット→編集→チャンネル設定の編集
「キーを入力」し、「適用」をクリック→「OK」でショートカットキーを作成する

 ちなみに筆者はAlt+Cに設定しています。筆者の場合は、さらに、Alt+Cショートカットキーを、トラックボールのボタンに記憶させています。すると、トラックボールのボタンを一発押すだけで、チャンネル設定の画面が開くので、とても効率が良く便利です。

「オーディオミックスダウン書き出し」の画面を開くショートカットキーを作成する

ベースやドラムを書き出してから、ミックスするときや、曲が一応完成して、全体を書き出すときなど、「オーディオミックスダウン書き出し」の画面は、ひんぱんに開きます。

その時、ショートカットキーが作ってあると、作業がスムーズに進みます。

「オーディオミックスダウン書き出し」の画面

「オーディオミックスダウン書き出し」のショートカットキーを作成する

ファイル→キーボードショートカット→ファイル→オーディオミックスダウン書き出し

ファイル→キーボードショートカット→ファイル→オーディオミックスダウン書き出し
キーを入力→適用→OK

筆者は、「オーディオミックスダウン書き出し」のショートカットキーを、トラックボールマウスのボタンに記憶させ、クリック一発で「オーディオミックスダウン書き出し」を呼び出せるようにしています。曲が完成間際になると、何度も書き出してチェックするので、この方法はとても便利です。

ダブルクリック

これは、人によってかなり異なると思いますが、

マウスの「ダブルクリック」をマウスのボタン一発でできるように、(つまりシングルクリック)設定することも、筆者個人的には、おすすめしたいです。

ダブルクリックが、筆者は苦手です。なぜなら、失敗する可能性があると思うと、それだけで押すことに対して、抵抗感があります。

その解決策として、シングルクリックでダブルクリックできるようにトラックボールのボタンに設定しました。

DTMでは、様々なパラメータを設定するときに、ダブルクリックすることが多いです。これをシングルクリックでできるようにしたら、作業がとても楽で、楽しくなりました。

これは些細なことではありますが、些細な問題を解決することで、作業効率があがり、作業の大切な部分に向けられる集中力がアップして、結果的に良い作品作りにつながっている気がします。

皆さまがお使いのマウスがもし、ショートカットキー設定できるようでしたら、試してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、何事も人それぞれです。ダブルクリックすることに、特に抵抗感の無い方は、ここは無視してください。

さいごに

CUBASEであらかじめ設定された基本のショートカットキーを使い慣れたら、自分なりに使いやすい方法を編み出して、ショートカットキーを作成すると、DTMがますます楽しくなると思います。

あなたにとって最高の使い心地のショートカットキーを作って、曲作りを、さらに楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

筆者GTMは、作曲した作品を、オーディオストックにて販売しております。CMや動画、劇伴などに使える高品質なBGMを提供しています。よろしければご試聴いただき、お楽しみください。また、皆さまの豊かな生活に、お役立ていただけましたら幸いです。

オーディオストックではたくさんのクリエイターが良い作品をたくさん提供しておりますので、是非ご試聴いただき、皆さまの豊かな生活にご活用ください。

AudiostockでBGM・効果音を販売中!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

GTM GTM 作曲家・サウンドクリエイター

DTMで日々作曲をしています。新しい音楽で、明るい世界と、一つでも多くの笑顔を作ります。

目次
閉じる