配信・映像制作に最適 2022 秋の新作「本格和風・中国風BGM」好評ダウンロード発売中‼詳しくはこちら

≪蓮の花 夢と咲く≫を公開いたしました。

≪蓮の花 夢と咲く≫を公開いたしました。

≪蓮の花 夢と咲く≫HASUNOHANA YUMETOSAKU 作曲・音楽制作 GTM

≪蓮の花 夢と咲く≫は、ダウンロード販売しております。

CM、観光用PV、ゲーム、アニメ、映画、和風コンテンツなどの、映像制作やブランディングに最適な、本格和風BGMです。

和風 箏 仏教の世界を描く、壮麗な管弦楽

映像に、高級感ある和の雰囲気を演出いたします。

ご試聴・ご購入は、こちらの赤いボタンよりどうぞ

この記事では、≪蓮の花 夢と咲く≫の制作背景についてを、ご紹介します

≪蓮の花 夢と咲く≫をさらにお楽しみいただけるよう、また、ご購入をご検討されているお客様のご参考となるような内容となっております。

目次

曲について

曲のテーマと、作曲のきっかけ

 聖徳太子と法隆寺をイメージし、作曲しました。

 神社仏閣のPR映像や、観光PRの映像、また映画・アニメ・ゲームなどのBGMとしてお使いいただけるような、日本や仏教を想起させる音楽を作りたいと考え、制作いたしました。

 聖徳太子を含む古代の人々は、中国から渡って来た仏教と出会い、そこに何を見て何を想像し、どのような想いを抱いたのか

 そのような問いのもとで、イメージを膨らませていきました。

 壮麗な仏教の世界に出会った感動

 仏様へのひたむきな想い

 救いを求める心

 祈る心

 多くの人々の幸せをこいねがう心。

 聖徳太子の胸中にはそのような想いがあったのではないか、と私は想像し、そこから音楽で世界を紡いでいきました。

曲の構成

曲は3つの部分から構成しています。

1つ目の場面は

 「仏様をひたむきに信仰する聖徳太子の想い」を表現しています。

 箏が主役となり、オーケストラとシンセサイザーが彩ります。

 4分の5拍子という変拍子を使って、幻想的な空気感と流れを作り出しました。

2つ目の場面は

 「天寿国曼荼羅繍帳(てんじゅこくまんだらしゅうちょう)」に描かれた、死後の世界をイメージしています。

「天寿国曼荼羅繍帳(てんじゅこくまんだらしゅうちょう)」

 美しい花が咲き、天上の音楽が奏でられ、爽やかな風がそよぎ、色彩豊かな鳳凰や蝶が飛んでいる。そのような穏やかな場所で、仏様の話を聴き、瞑想し、悟りの道を目指す生活を営む。

 というような場面を想像し、音で表現しました。

 和楽器の打楽器を多用し、金属的な音色の楽器を活用して、天上の穏やかできらびやかなイメージを表現しています。

最後の場面は

 未来を表しています。

 仏様の希望と、祈る人々の願いや祈りが結実し、「すべての人々が幸せになった未来の世界」をイメージしています。

 ゆったりと壮大に流れる音楽で、世界中が仏様の大きな慈悲の心に包まれるようなイメージを表現しました。

使用楽器

 西洋のオーケストラの楽器とともに、和楽器やアジアの民俗楽器を多用しています。

和楽器

 20弦箏(2面)、13弦箏(2面)、17弦箏

 尺八、笙

 楽太鼓、鉦鼓、駅路、竹鳴子、拍子木、オルゴール、鈴、ツケ、木魚、和銅鑼、締太鼓、大鼓

中国の楽器

 古筝、揚琴

アラブ音楽の楽器

 カーヌーン

 アジアの伝統楽器をメインとして使用し、オーケストラとシンセサイザーの音色を活用し、幻想的な世界を表出させました。

 伝統楽器は、私の演奏経験や作曲経験に基づき、実際の演奏に準じて作っておりますので、自然なエネルギーに満ちた音楽を実現させています。

さいごに

 タイトルの≪蓮の花 夢と咲く≫は、「蓮の花が夢のように咲いている」という意味です。作曲しながら見えた幻想風景の印象を、言葉に変換したものです。

 ≪蓮の花 夢と咲く≫は、全部で155トラックを使って制作しました。それぞれのトラック(楽器)が役割を果たすよう、丁寧で細やかな音響作りをしています。

 ≪蓮の花 夢と咲く≫は、何度聴いても楽しめるような構造になっています。聴こえて来るいろいろな音色に耳を澄ませて、お楽しみいただけましたらうれしいです。

 仏教は、日本に住む私にとって、身近なテーマです。経典を読んだり、題目や真言を唱えたり、座禅をしたり、お寺に参拝したり。特別に仏教的な環境に育ったことはありませんが、自然にそんな風な経験をしてきたことを思い出します。

 テーマが清らかであるためか、≪蓮の花 夢と咲く≫を制作しながら、心が洗われるような気がしました。すべての人々の幸せを願いながら制作した時間は、私にとって大変有意義で幸福に満ちたものでした。

制作の意図

 「日本の伝統音楽の楽器を使って、新しい音楽を創造したい」

という意図のもと、制作しています。

 日本の音楽は、歴史の中で、アジアから伝わって来た音楽や楽器を取り込み、その後日本の風土や日本人の嗜好に合うように、独自に発展してきました。多くの日本の人々の試行錯誤のもと、現在に至っています。

 私は、多くの人の手により、長くにわたって積み上げられてきた日本の伝統の響きを生かしつつ、西洋音楽や、現代のテクノロジーが生み出したシンセサイザーなどの新しい響きを同時に使い、これまでに無い新しい音楽を創造したいと考えて、日々音楽制作をしております。

 そしてまた、映像やブランドイメージをお引き立てする一方で、その向こう側の、音楽を耳にする多くの人々の心に、良い影響をもたらせるよう意図して音楽制作しています。

 ≪蓮の花 夢と咲く≫をお客様のご活動に、ご活用いただけましたら幸いです。

≪蓮の花 夢と咲く≫は、ダウンロード販売しております。

CM、観光用PV、ゲーム、アニメ、映画、和風コンテンツなどの

映像制作やブランディングに最適な

本格和風BGMです。

和風 箏 仏教の世界を描く、壮麗な管弦楽

映像に、高級感ある和の雰囲気を演出いたします。

ご試聴・ご購入はこちらからどうぞ

≪蓮の花 夢と咲く≫
HASUNOHANA YUMETOSAKU
 作曲・音楽制作 GTM

GTMは、音楽制作のご依頼を承っております。

CM、映画、アニメ、ボイスドラマ、各種映像用BGMなど、お客様のご要望に寄り添い、長年の音楽経験を生かした、高品質で唯一の音楽を制作いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアしてください
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

GTMのアバター GTM 作曲家・サウンドクリエイター

西洋音楽・日本音楽の伝統と、新しいサウンドを融合した、わくわくするような、インパクトある高品質な音楽を制作しております。

目次